• レーザートーニングとは

    レーザートーニングとは、メドライトとも呼ばれる美肌治療のことです。


    低出力のレーザーを照射してメラニンを減少させていく方法です。肝斑やシミ、くすみなどの色素沈着に効果が期待できる方法です。
    気になる部分に低出力のレーザーを照射していくことで、肌の中のメラニン色素を破壊していき体の外へ排出していきます。レーザートーニングで使用するレーザーの照射レベルは低いため、通常のレーザー治療に比べて肌への負担が少なく、施術後の赤みや、施術中の痛みも軽減されます。
    また、施術後のメイクも可能になるので、通院にもメイクをしていけるのでとても便利です。



    施術時間も短時間で済むので、仕事で忙しい人なども合間を縫って通院することが出来ます。しかし、レーザートーニングにはデメリットもあります。


    通常のレーザー治療に比べて、出力レベルが低いために1回の施術では効果が期待しにくいです。


    徐々に効果が出てくるので、複数回通院する必要があります。

    そのため料金もその分高額になってしまう場合があります。


    また肌が弱い人であると、肌に赤みや腫れが出てしまう場合もあります。



    このような場合は医師に相談して、正しいケアの仕方を指導してもらいましょう。

    また施術後の肌は乾燥しやすくなっています。


    きちんとした保湿を行いましょう。
    日焼けは施術後の肌には特に注意が必要です。美肌のためには日頃から日焼け対策は必要ですが、レーザートーニングは特に注意しましょう。