• 注目のレーザートーニングをうまく活用しよう

    今の時代、しみやそばかすで悩んでおられる方も少なくないでしょう。


    昔に比べ、しみやそばかす対する治療もすいぶんと変わってきているのをご存じでしょうか。



    最近では、レーザートーニングという名前で知られる皮膚科でのレーザー医療が治療の中に入ってきています。
    レーザートーニングを用いることで皮膚科での治療選択は広がり、さらなる発展をとげていると言えるでしょう。

    適応する疾患には、しみやそばかすをはじめとする色素性疾患や刺青があります。いまや皮膚科での治療選択肢の中で、ゴールドスタンダードと言える治療法になりつつあります。



    特徴としては2つの波長を使うことで、さまざまざ疾患を網羅しているようです。


    患者がもつ症状によって2つの波長をうまく使い分けることで、従来のものよりも幅広い適応ができるようになってきていると言われています。

    また肝斑に関しては、従来ではレーザー治療は禁忌となっていましたがレーザートーニングができるようになってからは肝斑にも対応できるようになりました。
    この病気で悩む患者にとって治療の選択肢が増えたことは目覚ましい発展と言えるでしょう。

    痛みはパチパチと少し皮膚を弾く程度のものだと言われています。



    通院に関しては、1〜2週間おきを目安に5〜10回施術されるようです。
    多くの女性にとって、肌の状態や外観はとても大切な要素です。
    毎日の化粧などの手入れにも関わってくることでしょう。

    今、上記のような肌の状態で悩まれておられる方がおられましたらおすすめできる治療法と言えます。