• 知っておきたい美容法:脂肪溶解注射の術後の痛み

    • 注射をするだけで痩せられるのが脂肪溶解注射という美容法です。
      大豆に含まれるレシチンという成分が脂肪を溶解する効果を利用したこの方法、注射をした部分の皮下脂肪に成分が徐々に浸透、脂肪細胞が溶けて排出され、痩せられるという仕組みです。
      一度に注射できる注射液の量が決まっているため、厚い脂肪層、広範囲のダイエットには不向きで、二の腕や顎などの部分痩せに向いています。
      そんな脂肪溶解注射という美容法ですが、気になる痛みはどうなのでしょうか。注射をするだけなので、施術時の痛みはほとんどありません。
      ただ、脂肪細胞が溶けるというメカニズムを理解していれば、注射後に多少の痛みが発生することは容易に想像がつくように、1回目の注射後1週間くらいは筋肉痛のような鈍痛が続きます。


      2回目以降は徐々にこの痛みは軽減し、気にならない程度になっていきます。



      注射液をより浸透させるためにマッサージをする方法もありますが、痛みが激しい場合は無理にする必要はありません。



      マッサージをせずとも成分は徐々に浸透していくので心配いりません。



      このように脂肪溶解注射という美容法は多少の痛みを伴います。
      ただ、その痛みは耐えられない痛さではなく、回数をこなすごとに軽減されていくのです。

      脂肪吸引のように傷跡が残ることもなく体への負担が少ないこちらの美容法、どうしても痩せない二の腕や下腹など、部分痩せしたいところがあるなら一度試す価値がありそうです。

  • 耳より情報

    • 美容クリニックで行うメソセラピーは部分やせに最適

      お腹や太もも、二の腕といった部分は、食事療法や運動療法でもなかなか痩せることが難しい部位ですよね。美容外科クリニックで行われている脂肪吸引で、余分な脂肪を取り除くという方法もありますが、費用も高額で身体への負担も大きいというデメリットがあります。...

  • 知りたい美容事情

  • 美容の話・美容関係の情報

    • しわやたるみを改善できる美容整形の利用に関して

      加齢によって引き起こされることがあり、身体の多くの場所が劣化してしまうことがあります。美容関連では、顔の状態などを気にされる方が多く存在していて、加齢によってしわやたるみなどが気になってしまうことが多いものです。...

    • レーザートーニングとは

      レーザートーニングとは、メドライトとも呼ばれる美肌治療のことです。低出力のレーザーを照射してメラニンを減少させていく方法です。...